戻ってきた役割

スポンサーリンク

私たちの子育てにおいては
明確に役割分担されていることが
ひとつだけありました。

それは「勉強を教える」ことでした。

先生にはなれない

子供たちが小さいときから
勉強でわからないことがあれば
基本的には私が対応していました。

しかし、親子間では
子供側には甘えが、親側には期待があって
なかなかうまくいきませんでした。

そういう反省もあって
二人が中学受験に向けて
塾で勉強を始めてからは
私が教えることはほぼありませんでした。

さらにハルカのときには
私は単身赴任をしていたため
何かをしようにも何もできませんでした。

カナタのときには家に戻っていたので
このブログでも書き綴っていたように
いろんなことをしてきました。

それでも、「教える」ということは
ほとんどしていませんでした。

子供たちの変化

中学受験を終えてからも
私の立ち位置は変わらず
子供たちから聞かれない限りは
教えることはしませんでした。

勉強のやり方も
それぞれに合った方法は違うので
私からは何も言いません。

カナタは成績が下がり続けながらも
まだ自分なりの勉強をしていますが
臨時休校中に何度か
数学の問題を聞いてきました。

友達に聞けなかったからなのか
理由はわかりません。

ハルカは今塾に行っていますが
塾で英語と数学はやっているので
それ以外の科目について
時々聞いてくるようになりました。

ここだけは妻には対応できないので
子供たちも最初から私に聞いてきます。

思春期の子供たちとの距離感を
今一つつかみきれない私にとって
「勉強を教える」ことが役割として
再び戻ってきたのはありがたいと思い
嫌な顔をせずに対応しています。

自分自身は中高生のときに
親に勉強について聞いたことは
一度もありませんでしたが・・・


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ