余計な言葉

スポンサーリンク

言葉には力があると思います。

その力を無自覚的に使う人は
私にはとても怖い存在です。

別人

ハルカは家の外に出れば
言いたいことを素直に言えず
ストレスをため込むタイプです。

集団の中でも口数は多いほうではなく
大人しいタイプと先生には見られます。

しかし、一歩家の中に入れば
そこからは人格が変わります。

家の中でもっとも我を通すのも
おしゃべりなのもにぎやかなのも
ハルカです。

そしてカナタに対しては
時に必要以上にきつく当たります。

カナタが自衛のために
距離を取ろうとしたのも
そういうことがあるからです。

攻撃

昨夜のことです。

カナタが珍しく自分から言い出して
夕食の準備を手伝っていました。

そこに後からやってきたハルカが
いちいち文句を言い始めました。

野菜の盛り方がどうだ
皿の並べ方がああだ・・・・

指摘する必要が全くないことを
攻撃的な口調で攻めます。

幸いほとんど準備は終わっていたので
攻撃は長くは続きませんでしたが
こういう時のハルカは本当に困ります。

昔から

まだ二人が小さかったころに
公園に家族で遊びに行っても
長時間遊ぶことはできませんでした。

バドミントンをしても
キャッチボールをしても
何をやっても
ハルカがすぐに文句を言い始めるので
仲良くやることができませんでした。

その頃から現在に至るまで
ハルカのカナタとのかかわり方は
基本的に全く変わっていません。

きっと、ハルカの余計な言葉のせいで
カナタが委縮してできなくなったことは
私たちが思っている以上に
たくさんあるのだと思います。

言ったほうは覚えていませんが
言われたほうがよく覚えているものです。

だからハルカを見ていると
無自覚な言葉の力の怖さを
しばしば感じるのです。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ