変わってないもの、変わったもの

スポンサーリンク

テスト勉強を一生懸命やっている
昨今のカナタは時々私に質問に来ます。

お構いなし

今日は私は家で仕事中でしたが
様子を確認することも断ることも
一切なくいきなり質問してきました。

それだけ切羽詰まっているのか
真剣さは感じられました。

数回質問に来ましたが
いずれも数学の計算方法についてでした。

自分の考え方と模範解答が違うので
模範解答のようになる理由を
確認したかったようでした。

カナタの説明と解答を見ながら
中学受験のころの勉強を思い出しました。

変わらないこと、変わったこと

カナタは算数は得意科目でしたが
計算問題の解き方を見ていると
私が考える最短の方法とは違うやり方で
ほとんどの問題を解いていました。

そのことは当時
どこかの記事で書いていたと思います。

私は計算そのものを簡単にするために
手前で楽にする方法を考えるタイプです。

一方のカナタは
早く解き始めたいと思うのか
力業で最後までやり切るほうを
選びがちでした。

私は最初、良かれと思って
それを修正しようとしましたが
それが逆効果であることを
しばらくして学びました。

今回もカナタのやり方自体は
模範解答とは違っていても
間違ってはいませんでした。

ただ、試験となると
好まれる解答形式はあるので
それと違っていたものだけ
修正したほうがよいと助言しました。

強制ではないところがポイントです。

小学生のときのカナタなら
それでもわかりませんでしたが
今のカナタは素直に聞いていました。

私も以前は声をかけられることが
とても面倒に思っていました。

今日もちょっとはこちらの都合も考えて
声をかけてよ。。。と思いましたが

今はまだ頼られるものがあることに
一人ひそかに嬉しさも感じています。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ