褒めるって難しい

スポンサーリンク

先日カナタの学校へ面談へ行ったときに
あらためて思ったことです。

褒め不足

私は褒められずに育った人間です。

子供の頃に親に褒められたことが
ほとんどありません。

かといって怒られたことも
少なかったと思います。

父も母も兄にはとても気を遣って
あれこれやっていましたが
私は基本放置でした。

逆にそのおかげで
自分が好きなようにできた部分もあり
悪いことばかりではないのですが・・・

大学進学が当然という雰囲気の家庭で
小さい頃から勉強はできた私は
親にとっては成績は良くて当たり前。

成績が下がったときは心配されましたが
よくできて褒められたことは
本当に記憶に残っていません。

自覚

子育てをするようになって
褒めるのが苦手なことは
何かと自覚するようになりました。

面談の時も褒めてくれる先生に対して
何故かそれを否定しようとする自分が
どこかにいました。

口には出しませんでしたが
そう考える癖がある自分のことを
自覚した時間でもありました。

ハルカが特にマイナスな見方をするのは
私のそういう部分を継いだのかもしれません。

それでも自分の癖をあらためて自覚したので
できることから改善しようと思いました。

まずは一日ひとつは
子供たちや妻のいいところを見つけて
何か褒めてみようと思っています。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ