すべては顧問が・・・

スポンサーリンク

カナタは中学入学時に
何よりも部活を楽しみにしていました。

それなのに、2年余りが過ぎた今は
部活を辞めようか悩んでいます。

期待と失望

志望校を決めるときも
部活は重要なポイントのひとつでした。

入学後も他の部と迷うことなく
今の部活に入りました。

しかし、その部活への期待は
入部直後に見事に裏切られました。

その要因は顧問にありました。

練習には月に数回しか来ない
運営は生徒任せ
夏休みは合宿どころか練習がない

生徒がせっかくやる気を持って入部しても
そのやる気がそがれる理由は
いくらでもありました。

それはカナタにとっても例外ではなく
部活に対する情熱は
あっという間に冷めていきました。

反動の大きさ

そしてやる気だけの問題ではなく
競技そのものに対しても
カナタの考え方に変化がありました。

カナタは負けず嫌いです。
それも負けることを極端に嫌がります。

さらに自分ができないことを
人に見られるのも嫌がります。

それで他人と試合をするのが
嫌になってしまいました。

体力づくりのため
部活はやめたくないが
試合には出なくない・・・

そんな気持ちを
先生に理解してもらうのは
難しいと思います。

たまたまコロナ禍で試合がなくなり
部活もほとんどなかったので
話が先延ばしになっていました。

しかし、中学から高校へと
部活が移行するタイミングなので
どうするか再び悩んでいます。

あんなに楽しみにしていた部活が
どうしてこんなことになったのか。

学校生活の一環として部活をやるなら
きちんした体制で部活をやってほしい
と保護者としては思います。

ただ、先生側はそうではないのでしょうか・・・

本当に残念でなりません。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

学校生活
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ