締め切り迫る

スポンサーリンク

昨夜の夕食後のことです。

カナタが進路選択のことについて
突然悩んでいると話し始めました。

迷い

高1になってからずっと言われていた
進路選択がいよいよ近づいてきました。

そこで、文系・理系どちらに進むのか
真剣に悩んでいるようでした。

本人はどちらかというと文系希望でした。

しかし、学校側は実績作りのためか
できれば理系、さらに国公立を勧める
という傾向が見られます。

カナタの話によれば
先生はどちらでもよいと言いながら
一度文系に行くと理系には戻れない
という点を強調しているようです。

そのためなのかはわかりませんが
絶対文系と言っていた友達が
理系にしようかと迷い始めたそうで
カナタも揺れているようでした。

理系の数学や物理は本当に難しいようで
毎年脱落する生徒が何人も出ています。

カナタは自分もそうならないかを
非常に心配しています。

確かに今の成績だけを客観的に見ると
ちょっと厳しいかもしれません。

ただ、まだ挽回は可能な時期ですし
それが必要な環境に進みたいと思えば
やるしかないわけです。

高1のこの時期に
そこまで将来を見通して考えるのは
なかなか難しいだろうと思いつつ
本人なりに一生懸命考えたうえで
納得のいく決断をしてほしい。

そのために、何か相談されたら
自分の経験上役に立ちそうなことは
できる限り話そうと思っています。


 
本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ