厳しい現実

スポンサーリンク

来年閉塾することが明らかになった
ハルカの塾ですが
先日状況説明の面談がありました。

経緯の説明

塾からは、
残り数カ月の受験をサポートするため
新しい体制や先生の紹介などについて
話がありました。

特に、先生が今月末で辞めるので
引継ぎについての話に時間をかけました。

すんなり一次希望の学校に合格すれば
話はそれほど複雑ではなくなるので
ハルカに頑張ってほしいところです。

逆になかなか決まらないとなると
非常に厳しい状況になります。

2月にはサービスが終了してしまうので
(ありえないと信じていますが)
3月までもつれるようなことがあれば
本当に困ります。

その点を聞くと

2月までに全員合格させます

とのことでした・・・

業界事情

せっかく話す機会をいただいたので
なぜこのタイミングなのかを聞きました。

先生方も本部から通告があったのは
私たちよりも一週間ほど前なだけで
同じく青天の霹靂状態だったそうです。

先生も慌てて次の職場を探したところ
すぐに来てほしいという話になり
このタイミングで退職されるとのこと。

経営的にはちょうど塾を拡張したところに
新型コロナの感染拡大によって
ここ2年で生徒数が想定より低く推移したのが
直接の原因だという話でした。

少子化という事情もあるにせよ
教育業界の厳しい現実を
こんな形で体感することになりました。


 
本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

大学受験 子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ