中学受験 2018 振り返り vol.11 期待

中学受験 2018 振り返り vol.11 期待

カナタの中学受験本番を振り返るシリーズ。
11話目は、2月3日、
第一志望校2回目の試験中からのお話です。

学校に向かう間に、昨夜のショックから
何とか復活したカナタを見送った妻と私は
祈るような気持ちで試験終了を待ちました。

スポンサーリンク

開き直り

昨日は、保護者も受験生も多くて、
控室で席を取るのもやっとだったうえに
あまりの寒さに耐えるのがやっとでした。 

それに加えて、カナタの出来が気になって、
試験が終わるまでの長い時間を、
これといったこともできず、
ただ、不安な気持ちで過ごしました。

ブログも、更新する時間は充分ありましたが
願掛けの意味もあって、やめていました。

しかし、私のブログがどうだろうと
カナタには何の関係もありませんでした。

なので、変な願掛けをするよりも
普段の通りできることはやろう、
カナタに直接伝えられなかった想いを
文字の力を借りて間接的にでも伝えよう。

そう思い直して、
控室でブログを更新しました。

更新すると、自分の気持ちも少し落ち着き、
塾の先生方へのお礼選びをしたり、
今後の予定を立てたりしているうちに
無事試験は終了しました。

スポンサーリンク

手応え

試験を終えて戻ってきたカナタは
昨日とは違い、いい表情をしていました。

本人的にも手応えがあったようで
よい意味で、明るさを取り戻していました。

昨日は一度帰宅してから塾に行きましたが、
それで失敗していたのと、
明日はどちらにせよ試験がないので
多少の寝坊も許される状況だったため
昼食は外食にして、直接塾へ行かせました。

これで合格していれば、今日で終わり。
今日のカナタの様子なら、
合格していてもおかしくないと思えました。

つづく

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク