わからない男

わからない男

本日、部活で使う道具を購入してきました。

車で30分以上離れた店までわざわざ出かけて
店であれこれと悩むこと小一時間。

何とか決めて購入できました。

スポンサーリンク

店員の話を聞いても

カナタがネットで調べた結果
欲しいと思った道具は
どれもこれも上級者向けのものばかり。

そう親が言っても聞かなかったので
専門店の店員にちゃんと話を聞けば
本人も納得するだろう、と思っていました。

しかし・・・

話を聞いてくれた若い店員は
カナタの状況を聞くと
初心者向けのモデルを薦めてくれました。
私たちからすれば、当然のことです。

ところが、カナタは
「初心者ってそんな初心者じゃない」と
ぶつぶつ文句を言い出しました。

店員さんがそんなカナタから
欲しいモデルを聞くと
「それはちょっと難しいんじゃ・・・」と
やんわりと釘を刺してくれました。

それから時間をかけて
少しずつ説得?を続けていきましたが
店員さんも決して強制も強要もせず
カナタに対して接してくれたのは
助かりました。

スポンサーリンク

最終的には

結局、初心者向けのモデルの中から
カナタ自身が選んで購入しました。

もともと欲しかったものと比較して
価格的には半額程度のものでしたが
親的にはよいものを選べたのではと思って
お店を後にしました。

やっと手に入れた自分の道具だから
予定とは違うモデルになったとはいえ
喜んでくれるかと思いきや・・・

店を出たカナタの顔には
不満の色が現れていました。

んー。本当にわからない男です。
残念ながら。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク