恐怖の脳内変換

恐怖の脳内変換

朝早くから遊びに出かけたカナタは
とても楽しそうな顔をして帰ってきました。 

充実した一日を過ごせたようでした。
しかし、家に帰ってからその空気は一変しました。

スポンサーリンク

帰宅後

これから帰ると妻に連絡が来たときに

土曜日の夜もほとんど勉強せず
日曜日は朝から遊んできたので
家に帰ったらゲームはできないよ

と妻はカナタに言い聞かせると
わかったと返事がありました。

ところが、いざ帰宅したカナタは
勉強もそこそこ、明日の準備は
何一つしていない状態で
当然のようにゲームを始めようとしました。

思い込みの恐ろしさ

その後のやりとりです。

——–

今日はもうゲームはやらない約束だよ!

カナタ
えっ?やっちゃダメなの?


今日はやらないって言ったら
わかったって返事したでしょう?

カナタ
えっ?やることやったらいいでしょ!
——–

カナタと妻の「やらない」の意味が
ずれています。

これはカナタにはとてもよくあることで
受験前にも同じようなことはありました。

ゲームをやりたい気持ちが強くて
できるという思い込み前提で話を聞くので
自分の都合がいいように話が脳内変換されて
できないができるに変わってしまいます。

最終的にゲームをあきらめたカナタは
そのまま夕飯も食べずにふて寝してしまいました。

スポンサーリンク

将来への不安

今はまだ、文句を言いながらも
親の言うことを最低限の範囲では聞きますが
それはカナタの幼さ故のことです。

怒りが抑えられず暴力やものに当たる姿や
今日のような出来事に直面する度に
もっと自我が強くなって反抗期になって…と
成長過程でどうなるのか不安です。

解決の糸口が私には見えていません…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク