ほろ苦い思い出の味

ほろ苦い思い出の味

今朝の朝食は納豆かけご飯でした。

朝から食卓に並ぶことは少ないのですが
夏休み中の子供たちからのリクエストで
そうなりました。

私にとって納豆かけご飯は
ある意味思い出の味なのです。

スポンサーリンク

定番の食事

納豆かけご飯といっても
ただ納豆をご飯にのせるわけではありません。

納豆と刻んだ長ネギを生卵と合わせて
よくかき混ぜたものをごはんにかけます。

一人暮らしだった学生時代や
単身赴任していたときには
ほぼ毎日、食べていました。

安くて栄養があってすぐできて
すぐ食べられるので
食事にあまり時間をかけたくなかった私には
定番の食事としてぴったりでした。

ただ、そういう食事をしていた時期は
苦しかったことばかりでした。

なので、納豆ご飯を食べると
ふと、当時のことを思い出して
しんみりすることがあります。

今朝、それを思い出したのは
今の自分も苦しいからに違いない。

この状況から抜け出すために
必要なものを早く見つけないと
ダメになってしまいそうです…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク