怒りの部長

怒りの部長

辞めます宣言をしてから3連休明けの初日。
朝イチで部長に呼ばれました。

スポンサーリンク

お世話になりました

部長はかつては私の直属の上司で
これまで色々とお世話になった人です。

ただ、部長に昇進してからは
話す機会も少なくなっていました。

辞めようとしている動機やその後について
話をしなければいけませんでしたが
まだ明確なプランを持っていません。
(そんなことで大丈夫?と
思われても仕方ない状態です)
それでも呼ばれたものは断れないので
腹を決めて部長のもとへ向かいました。

静かに、しかし…

そんな部長は私を前にして
静かに怒っているように見えました。

最初から、ちょっと話しにくい雰囲気でした。

それから30分あまりの間は
話を聞くというよりは
部長の質問に答える、という感じて
証人喚問でもされているかのようでした。

そして、私が何かを言うと
その度に柔らかい表現でありながら
批判めいたことを言われるので
それもしんどかったです。

部長の話をまとめると
要はどこに行っても
大変なのは変わらないから
ここに残って仕事しろ
ということだったと思います。

確かに大変さはそれぞれありますが
今の部署の大変さは他と比べても
そうないだろうというレペルです。

私は中途入社なので
その異常さは入社時にすぐわかりましたが
ずっとここにいる部長にはわからないようです。

スポンサーリンク

とどめ

話の終わり頃に部長から
「君が抜けたあとは誰に引き継ぐか考えてる?」
と聞かれました。

日々いっぱいいっぱいで限度を超えている人に
それを聞くのか…と思いました。

考えられる状態ではないと言うと
「自分のことしか考えていないってことだね」

まあ…そうです…としか言えませんでした。

やっぱりここでこれ以上仕事を続けては
色々だめなのだろうと思いました。

とにかくこの話をもって
本当に後がない状況になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク