変化の兆し

変化の兆し

先週は(も?)ずっと帰宅が遅く
子供たちともほぼ会話がありませんでした。

ましてや自分の人生、さらには家族も巻き込んで
大変なことになりそうな状況のなか
あれこれ考える余裕もありませんでした。

スポンサーリンク

変化の兆し

気持ち的に落ち着かないまま
この三連休を過ごしています。

連休と言えば通常なら少なくとも数回は
ケンカが起こってもよい状況です。

ところが今週は今のところ大きな問題は
ありません。

三連休と言ってもカナタは土曜は授業があり
ハルカも部活があったので
子供たちが揃って家にいる時間が少ないのが
一番大きな要因であることは確かです。

しかし、それを除いても、
こんなにもめ事が少ない週末はそうありません。

スポンサーリンク

きっかけ

注意して観察していると
二人とも妻に気を遣って行動しているように
見えました。

それで妻に、平日何かあったのかと聞くと
私が不在の間に、妻が子供たちに対して
三度怒っていたことがわかりました。

怒る、というよりは
忙しい妻の頼みごとを押し付けあって
ケンカする子どもたちに対して
子供たちを責めるのではなく
頼んだ自分が悪かったという姿勢で
怒りをぶつけたようでした。

二人だから押し付け合いが発生しますが
これが一人しかいないときなら
ほとんどの場合、文句を言いながらも
妻を手伝います。

今回はその気持ちをついたのかどうかは
その場にいなかったのでわかりませんが
その時以降、子どもたちの態度に
少し変化が起こっているようです。

お互いにそれぞれ怒ってもおかしくない場面で
それぞれ我慢をしていることがありました。

なので、これが続いてくれれば
少し不安のタネは減るのですが
怒りによって得られる効果は一時的なので
これをどう持続させるかが
今後のカギとなりそうです。

三連休も今日が最終日。
この後はすっかりたまってしまった
家の片付けです・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク