嘘つき

嘘つき

妻はよく嘘をつきます。
あまりにも自然なのでよく騙されます。

ただし、騙されるのは私ではなく
子供たちなのですが。

スポンサーリンク

魚は苦手

昨夜の夕食は魚でした。

喉に骨が刺さってこれまで三回ほど
病院に行ったことがあるカナタは
一時期全く魚が食べられませんでした。

しかし、骨を取り除いて身だけにしたものや
骨なしと書かれた調理済みの魚を与えて
少しずつ食べさせるようにしています。

昨夜はそんなカナタでも食べられるはずの
さばの照焼でした。

一切れ250円と安くはないのですが
小骨はわずかに残っている程度で
味も大丈夫と言ってこれまでにも
何度も食べていました。

ところが、昨夜は食べ始めた途端に
小骨を二本見つけて
「骨がたくさんあって食べられない!」
と怒り出したのです。

無理に食べさせても機嫌が悪くなるだけで
いいことは一つもないので
一口程度しか身が無くなっていないそのさばは
私の朝食になりました。

朝食にて

そして今朝。
カナタが残したさばの照焼を私が食べました。

骨は一本も出てきませんでした…

カナタにそれを伝えると
妻が横から一言
「カナタがゴミのように扱ったその魚は
一切れ500円くらいするんだからね!」

カナタが固まっていました。
さすがにまずいと思ったのでしょう。

一方で私も「?」と思いました。
妻が実際の倍以上の価格を言ったからです。

しかしこれは教育上わざと言ったのかと思って
黙っていました。

スポンサーリンク

種明かし

私は後で妻にそのことを聞きました。
わざと言ったのかと。
妻は答えました。

「えっ?500円くらいしなかったっけ?」

単なる間違いでした…orz

とはいえ、今回は間違いでしたが
日常的に教育上の目的?で嘘をつくことがあります。

私は知っているのでよいのですが
本当に自然なので今日のような間違いでも
嘘をついているのかと思わされます。

私にはない、妻の隠れた才能?です…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク