失われた10年

失われた10年

サラリーマンとして社会に出てから
既に20年以上経ちます。

スポンサーリンク

失敗

私は一度転職をしています。

その時は
前の会社でやっていたことを活かして
今の会社に転職できました。

そこからキャリアを積み上げて
会社を離れても通用するものを
身に着けよう、と考えていました。

ところが、いざ入社してみると
配属先は期待とは大きくかけ離れていて
コアになるものを身に着けるのは
ここでは無理だとすぐに気づきました。

しかし、あれこれ悩みながら
10年以上の月日を
今の会社で過ごしてきました。

今思えば、それが失敗でした。

スポンサーリンク

後悔先に立たず

そこですぐに転職を考えたほうが
よかったのかもしれません。

その間、部門と会社の都合に振り回されて
役割が2年おきくらいに変えられました。
(仕事ができなくて
飛ばされていたわけではありません)

会社員とはそういうものだと思いますし
私自身もその中でどうにかしようという
努力が足りなかったという後悔もあります。

それでも過去は変えられません。

結果的に私にとっては文字通り
「失われた10年」になりました。

だからこそ今回の決断は
この先の時間を失われた20年にしないため。

過去を振り返っている暇があったら
前に進め!と自分に言い聞かせて
この状況を乗り越えたいと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク