自己肯定できない

自己肯定できない

私たちの子供については
「自己肯定感が低い」
ことをよく指摘されてきました。

それは当然かもしれません。

スポンサーリンク

カエルの子はカエル

先日職場で私が言われました。

「はるおみさんは自己評価が他己評価より
 ものすごく低い」

それは私にも自覚があります。

実際に職場で自己評価をするときも
いつもいい評価を付けるのは抵抗があります。

少しのできたことを
誇張して主張する人がいますが
そういうことは大嫌いです。

自分のしてきたことを振り返ると
あれもこれもできていない場合は
正直に低くつけてしまいます。

特に今の仕事をするようになってからは
専門的な知識が求められるにも関わらず
中途半端な仕事しかできない自分に対して
いつも自信が持てず、つらい毎日でした。

もし、違う仕事をやっていたとしたら
きっと会社を辞めることまでは
考えていなかったと思います。

それはともかく、親の私がそんな感じですから
子供の自己評価が低い→自己肯定感も低い
となるのも無理はないと思います。

スポンサーリンク

負の連鎖

以前書いたことがあったような気もしますが
私は親から褒められた記憶が少ないです。

自分が育てられたようにしか育てられない
という理屈に立てば
私も子供のことをほめられないのは
自然なことなのだと思います。

でも、自覚できているからこそ
そんな負の連鎖を断ち切らなければ
という気持ちはあります。

子供のことを心配する前に
まず自分を見つめ直すことのほうが
先にやらなければならないことだと
今この瞬間に思いました。

ちょっと、考えてみます。

本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク