インフルエンザ?

インフルエンザ?

年が明けてからしばらくしてのこと、
ハルカとカナタそれぞれの学校からお便りが届きました。

ある意味毎年恒例ではあります。

インフルエンザ警報

今や日本全国インフルエンザ警報一色ですが
新年の授業が始まったばかりの頃から
インフルや風邪で休む生徒が多かったようです。

学校側も感染防止のために注意喚起はしたものの
全国的な流行には抗えないようです。

二人の学校でも学級閉鎖するクラスが
いくつか出てきました。

これはハルカやカナタのクラスでも
学級閉鎖になるかもしれないと
妻と話をしていたのですが・・・

早退

そんななか、昨日の午前中のことです。

カナタの学校の保険の先生から
家に電話がかかってきました。

寒気がしてお腹が痛いというので
早退させたいがよいか?という話でした。

熱はないとのことでしたが
保険の先生の話の様子からは
インフルエンザを疑ってカナタの意思とは関係なく
どうしても帰宅させたかったようでした。

迎えに行くこともできませんでしたが
帰宅することは了承して電話を切りました。

自覚症状

それから1時間ほどしてカナタが帰宅しました。

顔を見る限り熱が出ている様子はなく
話を聞くと関節痛や頭痛もないとのこと。

痛いのはお腹であとはだるい、というのが
本人が語る症状でした。

熱を測っても36度台では
インフルの検査もしてもらえません。

ご飯も食べられないとのことで
手洗いうがいの後は水分補給をして
あとはひたすら寝かせておきました。

診察結果

夕方になって起きてきたので
再び熱を測ってもやはり平熱でした。

しかし、体調がよければ、カナタの場合
こっそり漫画を読んだりゲームをしたりと
落ち着いて寝ることが難しいのですが
昨日はひたすら寝ていました。

少なくとも体調が本当に悪いことは
間違いありませんでした。

そこで、インフルかどうかは別として
念のため病院へ行くことにしました。

診察結果は「お腹の風邪」でした。

結局、発熱がないのでインフルの検査は実施せず
通常どおりの診察でそう言われました。

帰宅後も軽くご飯を食べたら薬を飲んで
再び布団へ。

そしてそのまま朝まで部屋から出てくることは
ありませんでした。

一夜明けて

朝を迎えて熱を測ったところ
やはり発熱はありませんでした。

しかし、食事がまともにできないのと
調子は良くない様子だったので
ついに中学生になって初めて
学校を休むことになりました。

今も自分の部屋で寝ています。

今週末から入試期間で学校自体も休みになるので
このまま続けて休んでしまうかもしれません。

3日も休んでしまうと学習面の不安はありますが
これも生活態度を見直すいい機会になった
と思うことにします。
何しろ、最近は睡眠不足傾向だったので
今回もそれが原因になっているのかもしれません。

まずはゆっくり休んで早く治してほしいものです。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。