気質を活用する

気質を活用する

先日片付けについて書きました。
今日はその後のお話です。

あきらめない

記事を書いた時点では
終わらせるのは難しいだろうと思っていた
ハルカの片づけでしたが・・・

ハルカが重い腰を上げて作業を始めたのは
友達が来る当日の朝のことでした。

片付けの様子をたびたび見に行くと
「終わる気がしない」と言いながらも
着々と作業は進んでいました。

足の踏み場もなかった床も
あるべき場所に物を戻したり
不要なものを捨てたりするうちに
やっと見えてきました。

机の上に山積みだった教科書類も
本棚に戻していくと片付いていきました。

そして、日中外出を挟みつつ
合計5時間ほどが過ぎたころ
目に付くところは見違えるほど
きれいになりました。

あきらめずにやり続けた結果でした。

気質

勝因はハルカの気質にあると思っています。

とにかくハルカは外面をとても気にします。
それがよい、悪いどちらにも働きますが
今回はよいほうに働いたと思います。

人が来るとなれば
恥ずかしいところは見せられないと思うのか
見違えるような動きをします。

それが学校に行くと
いつでも先生からの評価が高くなる
大きな理由なのだと思います。

ただ、人からの視線や評価に対して
神経質になりすぎるのも困ります。

ハルカにはちょうどいいところを
見つけていってほしいと思っています。

ある意味、ハルカの気質を見越して
妻がずっと気にしていたことを
外圧を借りて解決したというのが
本当のところです。

あとはこれが継続するとよいのですが・・・


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする