いなくなってわかること

スポンサーリンク

先日のことです。

ハルカの学校では
毎年宿泊を伴う学校行事があります。

2泊3日の行事なのでその間だけは
家では3人で過ごします。

で、ハルカがいないことで
毎回毎回思うことがあります。

家が静かだな・・・と。

ハルカの日常

まず、とにかく声が大きいんです。

カナタが勉強していようが
妻が家事をしていようが
私が仕事をしていようが
お構いなしです。

そして、何かをするたびに
常にワーワーギャーギャー
不平や文句を言っている感じです。

特に食事については成長するにつれ
ハルカもカナタも好き嫌いが増えていますが
嫌いなものが出されたときの態度が違います。

カナタは静かにそれをよけるか
一回嫌と言ったらそれで終わります。

ハルカは食事が終わるまで
ギャーギャーという言葉がぴったりな様子で
ずーっと文句を言いっぱなしです。

たびたび妻から怒られますが
治る気配はありません。

朝出かけるときも

あれがない、これがない、
何を着たらいい?髪をしばって!
と常にがやがや言っています。

とにかく賑やかかつ人を巻き込むので
いつも巻き込まれている妻は
たまったものではないでしょう。

これがハルカの日常で
それ以上でもそれ以下でもなく
慣れっこにはなっていますが・・・

不在になるたびに訪れる静寂に
いかに日頃がにぎやかなのかを
思い起こさせられるのでした。

どっちがいいかは・・・
よくわかりません。(^^;


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ