まだまだこども?

スポンサーリンク

自分の名前を自分で口にすることは
大人になると少なくなるのが
普通ではないでしょうか。

外に出たときには
子供の時は自分を自分の名前で呼んでも
大人になれば「わたし」「ぼく」「おれ」など
基本的には代名詞?になると思います。

ちなみに私は記憶にある範囲では
自分を名前で呼んだことはありません。

なので、普通がいつなのかはわかりませんが
だいたい中学生入学くらいが切り換え時期では
というイメージでした。

ハルカとカナタの場合

ハルカは中学3年生になるくらいまでは
自分のことを名前で呼んでいました。

それが自分で気になったのか
意識的に直すことを始めました。

最初はこちらも違和感がありましたが
今ではハルカが「わたし」と言うことにも
すっかり慣れました。

一方、カナタは自分の名前で呼んでいます。
小学校の時からそうでした。

ただ、それが当たり前すぎたのと
最近特に私とは会話が少ないこともあり
あまり気にしていませんでした。

しかし、家で友達とフォートナイトをやりながら
電話で話しているのを聞いていたときに
ふと、あれ?と思ったのです。

友達はどう?

とはいえ、カナタがそうしているのを
現時点では修正しようとは思っていません。

もちろん、先生と話をするときには
「ぼく」と言えるほうがいいに決まっていますが
たぶんそれはできているはず(と思いたい)。

今のところ、様子を見ている限りでは
特に友達から指摘されず楽しく過ごせているので
わざわざ指摘することもないかと思っています。

こういうところが「マイナス5歳」で
まだまだこどもだと言われるかもしれません。

ただ、時期がくれば自然に変わるはず。

今は、カナタがこれから成長していくのを
静かに見ていたいと思います。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。