担任との面談シーズン2

スポンサーリンク

昨日はカナタの担任の先生との面談でした。

平日ということもあって
父親が出席する方は少ないようでした。

しかし、昨年も妻と二人で出席したので
今年もまた出席させてもらいました。

担任に恵まれる

カナタの担任は中1から継続して同じ先生です。

入学当初から大変お世話になっていて
カナタの特性を理解していただき
適切にご対応いただいています。

中学最初の1年間を楽しく過ごせたのは
先生との相性がよかったことも
一つの要因だったと思っています。

そのような状況を考慮して
進級に当たっては合理的配慮から
担任の継続をお願いしました。

そのときは約束できないという回答でしたが
結果的には希望のとおりとなりました。

2年目の面談

昨年は初めての面談だったこともあり
特性や学校生活のことなどの話で
予定時間を大幅に超えてしまいました。

今年も時間を超えてもいいように
後の人がない枠を確保して臨みました。

先生からは保護者面談前に実施された
生徒との個別面談の様子や
勉強面についての話を伺いました。

先生のお話によれば

  • 自己肯定感が持てている
  • 自分ができることとできないことがわかっていて、
    最近はできることが増えてきたと感じている
  • 友達関係は良好に見える
  • 勉強面は成績上位とはいかないが
    今はこのレベルを維持できればよい

ということで何も問題はないという感じでした。

昨年も感じていたのですが
先生は今の時期は安定した土台を作ることに
重きを置いている感じがあって
そこに安心感と信頼感を持てるのだと
改めて思いました。

そんなわけで
予想通り持ち時間はオーバーしたものの
昨年よりは短い時間で面談は終わりました。

振り返ると
「自己肯定感が高い」と言われたのが
私としては一番嬉しかったことでした。

家ではどうしてもダメ出しをしがちなですが
せっかく生まれた感覚をつぶさないよう
注意していきたいと思っています。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

学校生活
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ