手ごたえと課題

スポンサーリンク

ハルカが学校で模試を受けてきました。

これまで模試というテストを受けて
成績が良かった試しはないのですが
今回は手ごたえがあったようです。

実力不足

試験範囲が決まっている定期試験と違い
模試の場合は範囲指定が明確ではないので
対策が立てられません。

それだけ日頃の積み重ねが
はっきり結果に出てきます。

試験前の1週間で何とか対応して
試験が終わると忘れてしまう・・・
というこれまでのハルカが
模試で成績を残すのはまず無理でした。

中高一貫校対象のこの時期の模試で
結果に一喜一憂するのは意味がない
とは思っています。

ただ、学校平均が全国平均を下回り
その平均にハルカが届いていない
という結果を毎回見てきました。

これでは大学に行きたいと思っても
実力不足は明白です。

自信を力に

そんなハルカが大学進学を考え出して
塾に行き始めてから半年以上が過ぎました。

定期テストでは結果を出せていませんが
勉強への姿勢は変わってきたと思います。

夏期講習では数学と英語について
復習重視でやってきました。

数学は確実に進んでいたようですが
英語が本当にだめと先生から指摘され
コマ数が足りないと言われていました。

そうして迎えた模試では
その通りの結果になったようです。

自分から模試のことを話すことなど
これまでなかったハルカが
帰ってくるなり話を始めました。

数学はかなり出来がよかった。
英語は全然できなかった・・・

それでも数学には手ごたえを感じていて
今回の結果は自信になったようです。

ひとつできるようになると
他もできるようになると言います。

今回のやればできるという体験を
今後の力に変えてほしいものです。

でも、英語はこのままだと
本当にまずいんですよね・・・


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。