ネガティブ思考

スポンサーリンク

ハルカは帰宅時や夕食時に
学校の出来事を自分から話します。

それを聞いていると時々怖くなります。

なぜそう思う?

なぜ怖いのかというと物や人の見方が
あまりにも否定的だと感じるからです。

友達の話をすれば最初に出るのは文句です。

学校行事の話をしても
ケチをつけるところから話が始まります。

一事が万事その調子なので
聞いていると心が苦しくなってきます。

昨夜はさらに下級生の態度に対して
そんなに厳しくマウント取る?と
思うような発言もありました。

友達同士のことは仕方ない面もありますが
それにしても周囲の出来事すべてに対して
これでは何ひとつ楽しくないと思います。

心の現れ

最近は大学には行きたいから勉強はしても
学校には行きたくないことを明言しています。

一度は自分で歩いて駅に行っていた朝も
気づけばまた、送るのが当然のような態度で
全然急ごうともしていません。

発言が荒れているのは
心が荒れているからなんだと思いますが
それは外的要因だけではないと
私は思っています。

そもそもの考え方が基本ネガティブです。
できないこと探しは大得意ですし
揚げ足とりの詭弁も大したものです。

それを培ったのは親のせいかもしれませんが。

今は何を言っても
親からの意見は聞こうともしないので
言うだけ無駄です。

発達のでこぼこを指摘されたカナタよりも
ハルカのほうが親としてはとても手がかかります。

これからまたどんなトラブルを持ち込むのか
不安で仕方ありません。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。