病気だから

スポンサーリンク

ハルカとカナタを比べると
今はハルカのほうが数百倍手間がかかる
と感じます。

二人の違い

カナタが小さかった頃は
カナタのほうが・・・と思っていました。

しかし、今昔のことを振り返ると
ハルカは赤ちゃんの頃から
大変手がかかる子供でした。

それを私たちが性格の問題と判断して
必要な対応ができなかったのだと
今は後悔する気持ちがあります。

カナタは1歳半検診で可能性を指摘され
それが後で調べてみる動機付けになりましたが
ハルカにはそれもありませんでした。

カナタは小学校のうちに診断がついたので
学校に合理的配慮をお願いするなど
考えられる限りできることをしてきました。

一方のハルカは小学校の頃から
友達関係など様々なトラブルがあったときは
妻が先生に電話をするなどしていましたが
特別な対応はしていませんでした。

後悔しても

私たちのハルカへのこれまでの対応は
概ね間違っていたことを
勉強すればするほど実感しています。

ただ、過去を後悔しても始まりません。

今からでもできることをやるしかないと
妻にもよくそう言われます。

それは頭でわかっていても
実際に考えを切り替えるのは難しいです。

そうして悩んでいた私に
妻がこんなことを言いました。

ハルカは病気だから

一日に三回くらい時間割を確かめたり
時間を守ることに異常にこだわったり
マイルールをどうしても曲げられなかったり

といった行動など思い当たることは多々あります。

高2になってからは友達や部活内トラブルで
よく泣いていましたが
そういった出来事も精神的にはマイナスです。

そういったハルカの状態に目を向けて
ちゃんと理解しようとしなさいということを
妻はその一言に込めていたのだと思います。

その言葉をきっかけにして
今私自身の考え方を見直し中です。

うまくできるかはわかりませんが
意識は常に持っていようと思います。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。