誕プレ地獄

スポンサーリンク

ハルカは自分の誕生日が来ると
同級生からプレゼントをもらいます。

裏を返せば何人もの人に
プレゼントをあげていることになります。

財政事情

だいたい1000円~2000円くらいのものを
プレゼントにもらってくるのですが
毎年結構な数をもらってきます。

もらってくるということは
当然それと同じだけ返すことになります。

ハルカの同級生の話を聞くと
お小遣いが月1万円は当たり前のようです。

ハルカの毎月のお小遣いは2500円です。
ただし、友達と遊びに行くときは
交通費とご飯代は別途渡しています。

洋服や学用品も必要な時に買っているので
お小遣いの使い道はあくまでも自分用です。

あとは祖父母からのお年玉やお小遣いですが
そんなにたくさんはもらっていません。

そうなるとお小遣いの使い道の大半が
プレゼント代に消えているはずです。

こだわり

しかし、ハルカはいいものをあげたい
という気持ちが強いようです。

いつでも誕生日のプレゼント選びに
それなりの時間をかけています。

先週末は妻を付き合わせて
合計半日以上かけて選んでいました。

あまりにもいろいろこだわるので
そろそろこの習慣お互いにやめれば
というのですがそれは難しいようです。

何よりハルカ一人の意思では
やめられないのはわかります。

ましてやハルカは友達付き合いで
結構苦労をしているので
良好な関係の子たちとうまくやるために
合わせていたいと思うのも当然です。

地獄のように思えるつながりですが
何とか今はやりくりしているので
見守るしかないのかもしれません。

都度付き合わされている妻は
気の毒だと思いますが・・・


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。