幸せって何だっけ

スポンサーリンク

昨日妻と何気ない会話をしていたときに
ハルカとカナタの違いの話になりました。

客観的な見え方

今の二人を見ていると
ハルカよりもカナタのほうが幸せそう
という話を私がしました。

というのは
基本ネガティブ思考でおしゃべりなハルカは
いつでも不平不満を言っている印象です。

それがいろんな悪循環を生んでいる気がします。

特に今年は部活がらみで苦労していて
学校にも行きたくないとよく言います。

なので日常の幸福度が低いように思います。

一方のカナタは
ゲーム中は大声をあげて全力で楽しんでいますし
友達とのトラブルも中学入学後はありません。

成績は入学後下降線を描いていますが
今のところ彼に悲壮感はありません。

こだわりの違い

その見え方の違いがどこにあるかについて
妻がこんなことを言いました。


ハルカは何にでもこだわって完璧を求めるし
要求のレベルが高いからじゃない?
だから私たちもハルカには
それなりのことを求めたくなるんだよ。

カナタは逆にいろいろ求めないでしょ?
ご飯も服もこだわりがないし
親から観たら楽なんだよね。
ただ、ゲームのことになると別だけど。

・・・。
確かにそうだと思いました。

こだわりが重要な時はもちろんあります。

ただ、どんなことにでもこだわりが強いと
それが満たされる環境を作れない限り
ずっとストレスがかかったままでしょう。

それではなかなか幸せを感じることも
難しいだろうと思います。

せめて日常の小さな幸せを見つけられて
それを感じられるだけでも
ずいぶん生活は変わると思いますが
そんな日は果たしてくるのでしょうか・・・。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ