恐怖

スポンサーリンク

カナタの様子を見ていると
やっぱりな・・・と思って
不安になる瞬間があります。

暗闇のなかで

カナタには今日外出予定がありませんでした。

勉強するにもゲームをするにも
時間はたっぷりありました。

とはいえ、放置していれば
時間制限をかけたくてもかけられない
スマホゲームをやるばかりです。

妻とハルカが買い物に出かけて
家には私とカナタだけが残りました。

一応多少の勉強はしながらも
ほとんどの時間は
それ以外に使っているようでしたが
黙っていました。

私は部屋にこもっていたので
物音は聞こえますが
様子まではわからない状態でした。

気づけば日が落ちてきたので
リビングのシャッターを閉めようと
部屋を出ると・・・

暗闇のなかで
カナタが友達とゲームをしていました。

すっかり真っ暗なのに
電気もつけず時々奇声を発しながら
楽しそうにゲームをしていました。

不安

カナタはもともとまぶしい場所が
多少苦手だったりします。

自分の部屋では
晴れているとカーテンを閉めるので
だいたい薄暗い状態です。

だからとはいえ
太陽が沈んて寒くなってきた部屋で
暖房も電気もつけず
ひたすらゲームを続けるその姿を見て
ちょっと寒気がしました。

それだけ熱中していることは
悪いことではないかもしれません。

しかし、私の中の感覚は
それを異常なことと捉えました。

それはおかしなことでしょうか。

戸惑いながらも電気をつけて
私は黙って部屋に戻りました。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。