嘘のような本当の話

スポンサーリンク

妻の知り合いのお子さん(Aさんとします)が
今年中学受験をしました。

無事第一志望校に合格し
今は春を心待ちにしているそうです。

実はこの受験に(多少ですが)
カナタが関係していました。

きっかけは妻

Aさんは中学受験のために
4年生から塾に行っていました。

しかし成績は今一つ伸びず
通っていた塾に行くのも
しぶしぶという感じだったそうです。

そのため5年生の冬になって
もう塾を変えようと考えたお母さんが
妻に相談をしました。
カナタの受験のことを知っていたからです。

妻はカナタがお世話になった先生や
どんな指導を受けていたかを話すと
さっそく体験授業を受けに行きました。

塾の先生はAさん母子が
カナタの母から話を聞いたと聞くと
笑顔で対応してくれたそうです。

そしてそのまま入塾を決めて
4月から新しい環境で勉強を始めました。

ただ、その決断には
カナタが大きく影響しました。

希望の星

実は、Aさんはカナタの受験の話を聞いて
尊敬の念を持ったらしいのです。

何しろ偏差値10以上の差を
最後の最後でひっくり返して
つかんだ合格です。

その話を聞いたAさんは
自分でも同じ環境なら
きっと合格できると思ったようです。

そして、いくつか学校見学をする中で
カナタの通う学校が気に入って
ついには第一志望校になりました。

塾を変え、目標が決まってからのAさんは
一生懸命勉強していたようです。

そして、カナタのことを希望の星として
カナタのように合格するんだと
コツコツと塾に通い勉強していたそうです。

成果はすぐに出てきて
夏過ぎには合格圏内に達していました。

その後もカナタが3回しか超えられなかった
過去問の合格点を軽々と超えていました。

そして迎えた本番も
無事に初日の試験で合格しました。

カナタ本人はAさんと会ったこともないし
直接には何ひとつ関わっていません。

しかし、カナタのやってきたことが
一人のお子さんの心を動かしたのは
確かなようです。

ずっと気になっていたので
合格の知らせを受けたときは
私たちもとても嬉しかったです。

おつかれさまでした

2020年の中学受験も
概ね終了した頃だと思います。

望み通りの結果を出せた方も
悔しい思いをした方も
ここまで頑張ってきたことと思います。
本当にお疲れさまでした。

卒業や進学の準備で
引き続き忙しいかもしれませんが
今週末くらいは一息ついて
ゆっくりと休んでいただければと思います。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

中学受験
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ