口笛

スポンサーリンク

カナタは中学生になってから
口笛をよく吹くようになりました。

カナタと口笛

始めたのは小学生の時でした。
きっかけが何だったかは忘れました。

最初はまったく音が出なくて
出し方もよくわかっていないので
少し教えてあげることもありました。

そのうち少しずつ音が出るようになり
出せる音量も大きくなってきました。

さらに、正確な音を出せるようになり
みるみるうちに上達していきました。

今では、流れてきた音楽に合わせて
初めて聞いたメロディを追いかけて
すぐに吹けるようになりました。

それだけ口笛が吹けるなら
プロになればいいんじゃない、なんて
冗談をたまに言うくらいです。

ただ、ひとつだけ問題があります。

TPO

カナタの口笛には
時間の概念がありません。

朝でも夜でも自分が好きな時に
気ままに吹き始めます。

夜11時過ぎでも吹くときがあり
音が気になって寝られない妻に
怒られたこともあります。

もともとじっとして勉強するのは苦手で
口笛でなければ
体のどこかは動いているようです。

勉強中の姿勢も相当悪いです。

しかし、今はそれも個性だと思って
できるだけ黙ってみています。

さすがに時間については
常識と言われることもあるので
そこだけは注意することもありますが
できるだけ我慢しています。

たぶん抑えようとしても
なかなか抑えられないものなので
目くじら立てることなくいるのが
カナタにとってベストだと
今は思っています。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。