障壁

スポンサーリンク

コロナ禍による臨時休校中には
子供たちに手伝いをさせていました。

それは普段手伝いをほとんどしない
カナタのためでしたが
学校再開とともに自然消滅していました。

今、夏休みになったので
妻がカナタに再び手伝いをさせようと
声をかけています。

できること

とはいえ、カナタにできることは少なく
頭を悩ませて割り当てた仕事が
洗濯後のタオルをたたむことでした。

これだけは毎日の仕事として
臨時休校中はカナタの担当に固定できました。

本当はちゃんと説明すれば
不器用なりでもできるはずです。

ほとんどのことは
最初からうまくできませんが
それでもやるとなったらやるのが
カナタの長所でもあります。

タオルたたみも時間はバラバラでしたが
さぼることはしませんでした。

しかし、カナダに散発的に
手伝いをさせるには障壁がひとつあります。

ハルカの存在です。

不要な叱責

ハルカは学力では到底カナタには及びません。

しかし、逆に日常生活においては
何でも無難にこなせます。

そのため、妻が何かをカナタに頼み
そのことにカナタが失敗するたびに
まずハルカがカナタを叱責し始めます。

ハルカはそこには関係がなくても
もたつくカナタを見てイラつき
ひとりで怒り出すことがしばしばあります。

そして、それは小さい頃から
ずっとそうでした。

なので、家族みんなで何かをすることが
ハルカのせいで難しくなっていました。

手伝いに限らず公園に遊びに行って
キャッチボールやバドミントンすら
長時間続けることができませんでした。

私たちもケンカされるのが嫌で
一緒に遊びに行くことも
お手伝いを頼むことも
あまりしないようになっていました。

結果的にそれがカナタの成長を
著しく妨げてきたような気がします。

ただ、昨夜もそのようなことがありましたが
キーキー言っているハルカに対して
カナタは比較的冷静でした。

二人の関係性もカナタも成長して
昔とは変わりつつあることを感じました。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ