さじを投げられる

スポンサーリンク

先週トラブルの原因になった
カナタの入塾問題は
結局最初の話通りに
ハルカが通う塾に行くことになりました。

一応体験授業をさせてもらうため
昨夜面談に行ってきました。

面談

面談では先日終えたばかりの
カナタのテストを見てもらって
何をしたいかという話をしました。

まだ実際に入ると決まっていないので
とりあえず体験授業の日を決めて
カナタの今の希望を伝える程度で
すんなりと話は終わりました。

すると先生のほうから
ハルカについて相談したいと
言ってきました。

そこでの話は今までの先生とは
ちょっと違っていました。

本当にしたい話

これまでは私が厳しめの話をしても
そうでもない、頑張っているという感じで
前向きな話をしてくれていました。

しかし、ハルカの現実を見て
話をしないとだめだと感じたのでしょう。

宿題を出してもきちんとやってこない

宿題は過去の復習なのに
学習内容が定着していないので
わからないといってやらない

学校のことで塾を休みがち

家でも学習内容をチェックしてほしい

という感じでした。

特にこれだけ教えていて
その場ではいいのに
どうして定着しないのか
という点への焦りといら立ちを
強く感じました。

このままだと先生にも
さじを投げられてしまいそうです。

うるさいことを言うと
余計にやらなくなるハルカなので
我慢して黙って見ていましたが
やっぱりそういうことかと思いました。

特に最近はハルカを見ていると
いつ勉強しているか不安だったので
その感覚は正しかったとわかりました。

ハルカが頑張っていないわけではないと
私も先生も思っていましたが
いかんせんスピードが遅すぎます。

このままいってしまうと
中学受験と同じことになりかねません。

昨夜結論は出ませんでしたが
とりあえず学習進度のチェックを
連携してやる話をしました。

今日ハルカは塾に行く日なので
そこでも話をしてもらう予定です。

ただ、周囲が働きかけることはできても
ハルカがどれだけ頑張れるのかは
結局本人次第なのですが・・・


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

大学受験
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ