進学校ならでは?

スポンサーリンク

昨夜の夕食時のことです。

ハルカが帰りの電車内で耳にした話を
語り始めました。

電車内の話

話は今年大学受験を控えている
高校3年生の男子たちの会話についてでした。

10月といえば大学受験でいえば
推薦が決まり始める時期です。

会話の内容から判断すると
男子生徒たちは進学校の生徒でした。

その男子たちが
推薦入学が決まった同級生のことを
軽くバカにしていたようでした。

ああ、なるほど、と
私は納得したのですが
ハルカはそれに対して

別に推薦で行くことの何が悪いの?
推薦取るのだって大変じゃん!

と怒っていました。

それもそうだろうと思います。

そして、たぶんそれが
大多数の意見だろうと思います。

しかし、進学校の生徒というのは
ちょっと違う観方をすることも
多いように思います。

理解はするけれど

進学校で上位の成績を取る子は
目標が東大、早慶など難関大学です。

当然、推薦で進学などということを
考えることすらありません。

だから、「推薦なんて取るのは・・・」
という空気が流れることはあると思います。

もちろん推薦を取れる成績は必要ですが
上位がみんな難関大学を目指す場合は
実際に推薦で進学するのは
成績でいえばその下のグループです。

たぶん、その男子生徒たちが
何となく下に見ているのも
そういう関係からだと思います。

実際、私の出身校の同級生にも
成績が良かった人のなかには
そういう人もいました。

私が話を理解できたのは
そういう経験が自分にもあったからです。

もちろん学生だった当時の私は
推薦で行ける人はすごいと
単純に思っていただけでしたが・・・。

しかし、ハルカが通っている学校では
推薦を取って難関と言われる私立に入るのが
成績トップクラスという関係です。

私はハルカの感覚が正常と思っていて
話を聞いて安心しましたが
環境の力とは恐ろしいと改めて思いました。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

大学受験 子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ