後悔先に立たず

スポンサーリンク

ハルカはわが娘ながら
本当に扱いが難しいと言わざるを得ない
そんな人間になりました。

そしてそれは今後も変わらないだろうと
あきらめています。

振り返ればいつも

カナタは1歳半検診で自閉症を疑われましたが
ハルカはそういうことはありませんでした。

しかし、様々な面倒ごとを持ち込むのは
いつでもハルカでした。

親への依存度が高いのもハルカでした。
未だに自分一人で外出時の服装を決められません。

気分でわがままばかり言っていた幼いころから
屁理屈と詭弁であっけにとられるような
信じられない発言をするようになった思春期まで
一貫して手がかかるのはハルカでした。

後悔

もし、ハルカが小さいころに
カナタよりも先に特性についてわかっていたら
もっと違うことができたのにと
今になって後悔することばかりです。

もちろん今できることを
今からでもやるしかないのですが
10数年間のツケは大きいと
特にこのところ思っています。

女の子には隠れ発達障害が多いと聞きますが
ハルカはまさにそれだったようです。

これからも日々ハルカの行動や言動に
悩まされ続けるのは間違いありません。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て 発達のでこぼこ
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ