責任の重さ

スポンサーリンク

昨日書いていたことが
早速現実になってしまいました。

一通のメール

昨日の夕方になって
ハルカの学校からメールが届きました。

内容は9月以降の授業について
予定を変更するとのことでした。

現在の緊急事態宣言の期日まで
在宅学習日となり
あと2週間は在宅が決定しました。

そして、昨年に引き続き
文化祭も中止になってしまいました。

ハルカ自身はもう高3なので
特にやることはありませんでしたが
結局学校行事はつぶれるばかりです。

そして、この調子では月末までに
カナタの学校でも変更があることは
確実なように思います。

責任

オリンピックやパラリンピックは
4年に1回は開催されます。

もちろん同じ五輪は二度ありませんが
イベント自体は4年後には開催され
リベンジする機会は残されています。

しかし、学生時代の一年で得られるものは
誰にとってもたった一回しかありません。
4年後の機会はないのです。

子供たちの貴重な時間を
こんな風にしてしまったのは
いったい誰のせいでしょうか。

1年以上が過ぎても
こんな状況が続いていることに
誰もがイライラしていると思います。

人のせいにばかりしたくはありませんが
国の方向性を決められる人たちに
責任を取ってほしいと切に願います。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

学校生活
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ