発達障害と睡眠障害に関係はあるのか

朝起きられない問題

試験直前や前夜になってから
徹夜で勉強して出かけたことがある人は
少なくないのではないでしょうか。

かつての私もそんな人でしたが
子どもたちには
睡眠時間を削って勉強するくらいなら
多少勉強時間を減らしても
睡眠を優先すべきだと言っています。

きちんと寝ないと朝起きられないし
授業で寝てしまっては
授業を受ける意味がないからです。

しかし、いくら早く寝たからと言って
朝早起きできるとは限りません。

スポンサーリンク

早起きは苦手

特にカナタは早起きが大の苦手です。
毎朝妻に怒られながら
ギリギリの時間に起きてきます。

中学進学後、自力で起きてきたことは
一度もないような気がします。

夜9時頃に寝ても11時に寝ても
起きられないのは変わりません。

逆にハルカは、中学生になってからは
どんなに遅く寝ても決まった時間に起きます。
ただし、平日限定ですが… 

私ももともと夜型で朝は苦手なので
偉そうなことは言えませんが
気持ちや気合いだけでは
どうにもならないこともあるようです。

スポンサーリンク

経過観察

発達のでこぼこがある人には
睡眠で悩みを抱えることが
しばしばあるそうですが
カナタがそれに該当するかはわかりません。

少なくとも小学校の間はカナタのほうが
ハルカより早起きできていたので
体力がついてくれば解決されるかもしれません。

しばらくは我慢しながら様子見です。
妻に負担がかかるのが心苦しいのですが…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク