彼は宇宙人

スポンサーリンク

今日は朝から雲行きが怪しく
天気予報ではその後確実に雨が降ると
予報されていました。

カナタが妻に天気を聞くと
100%雨が降ると答えていました。

意外な回答

その後、カナタは私より先に家を出ましたが
玄関に折り畳み傘が置かれていました。

100%雨と聞いて、普通の傘を持ったから
荷物になる折り畳み傘を置いていったものと
思いながら私も家を出ました。

カナタを追い越す勢いで駅に行かないと
会社に遅刻するの駆け足で駅に向かいました。

ほどなく追いついたカナタを見ると
手には何も持っていませんでした。

傘はどうしたの?と聞くと
「学校に置き傘あるから」と答えるカナタ。

宇宙人

学校に置いてある傘は
小さな折り畳み傘なのでまともに雨が降れば
ほとんど役には立ちません。

しかも絶対雨が降ると言われているのに
置き傘を使ってしまったら
今度は晴れの日に忘れず持っていかないと
いざというときになくて困るはず。

私だったら素直に傘を持っていきますが
カナタは違います。

元々傘を持っていくのが嫌いだとしても
目先の面倒なことにしか考えが及ばないので
先のことまで考えるのは難しいのです。

私の普通はカナタの普通でもないし
世間の常識とも違うかもしれませんが
それでもこの状況で傘を持っていかないのは
どうなんだろうどうなんだろうと
モヤモヤしてしまう出来事でした。

私からすると
カナタは時々宇宙人のようで
考えていることがわかりません…