タネもないのに

タネもないのに

昨日から妻の実家に帰省しています。

今日はお手伝いをするということで
朝から分担して働いていたのですが…

スポンサーリンク

事の発端

もともとはお小遣いが欲しい子供たちが
帰省前におばあちゃんに電話して
(お小遣いのために)お手伝いさせて欲しい
とお願いしたのがきっかけでした。

そこで祖母は二人ができそうなことを考え
用意してくれました。

始めは別のことをやっていたので
特に問題なく進んでいました。

しかし、二人で同じ仕事をすることになって
やっぱりトラブルが発生します。

スポンサーリンク

ケンカ勃発

祖母と三人で掃除を始めてから
10分もしないうちに
カナタが怒って戻ってきました。

ハルカに対する不満を並べ立てると
朝からの疲れもあり寝てしまいました。

一度祖母が様子を見にやってきましたが
それにも答えません。

祖母に話を聞くと
「何だかわからないけど急にケンカを始めて」
「ケンカのタネもないところから急に」
ということだったようです。

私達からすれば
多分よくある状況だったのだと思いますが
祖母も少し困惑しているようでした。

カナタにもハルカにも
それぞれ言い分はあるでしょう。

しかし、どちらにも課題があり
それぞれが自分の課題を解決できれば
ケンカにはならないのですが
タネがなくてもケンカになってしまうのは
それがとても難しいからです。

頭ごなしに怒ることもできず
今は関わらないことにしているものの
本当にそれでよいのか迷っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク