言ってはいけないけど

言ってはいけないけど

今朝も些細なことがきっかけで
ハルカとカナタがケンカを始めました。

スポンサーリンク

NGワード

ケンカが始まると
だいたい最後にカナタが言うのが
「死ね!」という言葉です。

ケンカだけでなく
友達や先輩ともめ事があった話をすると
すぐに「死んでしまえばいいのに」などと
とにかくすぐに「死」を口にします。

カナタは小さい時からそうでしたが
我が家ではそれは絶対に言ってはいけないと
ずっと言い続けています。

そういう言葉を口にするだけならともかく
大人になって怒りに任せて暴れれば
それは犯罪につながってしまいます。

カナタは特に感情のコントロールが難しいので
そのまま大人になったら困る、という心配から
何度でも同じことを言っています。

おそらく何度言ったとしても
心から理解することはできないと思います。

だから、理屈はわからなくてもいいから
ダメなものはダメなんだと認識させて
それを抑えていくという対応を取っています。

二人の問題

ただ、家の中においては
問題はハルカにあります。

ハルカに対してカナタは口で勝てないので
最後にはそう言うしかなくない状況になるのも
仕方ない部分があります。

しかも、そもそもケンカの原因のほとんどは
ハルカの言いがかりがきっかけです。

物理的に二人の距離を取れと、療育で言われてきました。
しかし、それぞれ勉強机も与えているのに
ハルカの机は常に片付けられなくてものであぶれているため
いつもリビングのテーブルを占領して勉強しようとします。

それに何か言うとやる気をなくしたからやらないなどと
一方的な理屈で文句を言うので手に負えません。

スポンサーリンク

解決の道筋は

今になって、ハルカの自分中心的な行動を
正面から叱っても治ることはないと
理解できるようにはなりました。

しかし、家の中もひとつの社会です。
みんなが快適に過ごすためには
最低限の決まりごとは守る必要はあると思います。

ハルカもわかっていないわけではないと思いますが
わかっていても行動できないのだと考えています。

だから、すぐに解決できるような話でもない。
今のところまだ解決への道筋は描けていません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク