知らないことは罪

知らないことは罪

できることなら小言など言いたくない。
怒ったり叱ったりすることなく笑って過ごしたい。

そうやって毎日を穏やかに過ごせることが
いつでも妻と私の一番の願いなのですが
どうしてもそううまくはいきません。

スポンサーリンク

完璧主義

私は基本的にケンカは嫌いですし
人を怒るのも怒られるのも嫌いです。

しかし、子供に対しては
必要以上に怒っていると思います。

それは子供たちの特性を理解せず
完璧なものを求めてしまうからです。

ついついもっとできるだろうと思って
できたことを素直にほめてあげることが
(特に私は)少なかったと思います。

発達のでこぼこのことを勉強していても
なかなか自分を変えられません。

スポンサーリンク

特性を理解することの大切さ

今朝も朝食のときのカナタの姿勢の悪さが
ものすごく気になってしまいましたが
言い方を間違えるとろくなことにならないので
黙っていました。

もっと早くから特性を理解していれば
怒っていいこととダメなことを知って
対応を考えることもできたはずです。

もっと言えば、一切半検診で言われたことを
放置せずに対応していたら
子育てのやり方はずいぶん違っていたのでは
と思うこともあります。

しかし、子どもたちは
ずいぶんと大きくなってしまいました。

つくづく、知らないこととは
無知であることとは罪だなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク