「つもり」に要注意

「つもり」に要注意

他人(自分以外の人という意味です)に
自分の考えを正確に伝えるというのは
コミュニケーションの基本だと思いますが
これがなかなか難しいです。

先日もこんなことがありました。

スポンサーリンク

伝えた「つもり」が

それは、カナタの学校の試験期間中のことでした。

試験期間中は半日で学校が終わります。
昼過ぎに帰ってきたカナタは
昼食後一休みしてから勉強を始めました。

そのときに、iPhoneにイヤホンを刺して
音楽を聴きながら勉強していました。

ハルカがいるときは
二人の音楽の好みが違うので
イヤホンを使わないとケンカになります。

しかし、家にはカナタと私だけしかおらず
私はそばにいないので
イヤホンなしでも問題ない状況でした。

カナタはイヤホンを使うときに
音を大きくし過ぎる傾向があるので
私はカナタの耳のことも考えて
こう伝えました。

「耳によくないし
 カナタが何しているか(私が)わからないから
 ハルカがいない間は
 イヤホンなしで聴きなさい」

カナタは、一応私の言うことを聞いて
イヤホンを外し、勉強を続けました。

そこまでは問題なかったのですが・・・

スポンサーリンク

聞いた「つもり」に

夕方になり妻とハルカが相次いで帰宅しました。

二人ともリビングの同じ机で勉強するので
その時点でカナタは音楽を止めるべきでした。

そこでハルカがカナタに音楽を止めるよう
頼んだのですが、カナタはやめませんでした。

その理由が
「お父さんにイヤホン使うなと言われたから」
と言ったのです。

違う違う、そうじゃない。

一番重要な「ハルカがいない間は」の部分が
カナタには伝わっていませんでした。

ただ、後で考えると
「ハルカが帰ってきたらイヤホンしなさい」
とは明確に言っていませんでした。

カナタからすれば
聞いた「つもり」のことを実行しただけ。

察して理解することが苦手なカナタには
最後を省略せず全部話をしないと
こういうことになるのだと実感しました。

———–
本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク