試験結果返却 カナタ編

試験結果返却 カナタ編

定期試験終了後のカナタは
先日も書いた通り
漫画に心を奪われています。

試験前から欲しいと言っていたのを
終了後まで我慢させたのは正解でした。

スポンサーリンク

想定内の結果

一応、欲しいものを我慢して
本番に臨んだ定期試験でしたが
返ってきた結果は厳しいものでした。

何しろ目標点に届いたのが一科目のみ。
他は全て下回りました。

しかも、平均点にも全然届きません。
このままだと10段階評価なら
ほとんどが3か4レベルです。

本人は前回より勉強したと言いますが
実際には遅くまで起きていたとしても
その前に寝ていたりだらけていたりで
正味の時間は減っていたはずです。

ましてや直前に話を聞いたら
英単語は覚えていないし
漢字は書けないという状況でした。

なので、結果をみても
当然としか思えませんでした。

スポンサーリンク

甘い自己認識

それなのにカナタはいつもの通り

本当はできていたけど
勘違いしてしまった

とか

漢字がわかれば書けていた

などそれができないから
点にならなかったということを
惜しかった、本当はできていた
に変換していました。

昨日妻と二人で結果を見ていたのですが
カナタはその横で漫画を読んでいました。

前回以上に厳しい状況にあるのに
まだまだ余裕をみせているカナタに
どうやって状況を理解させるべきか。

それが今カナタの学習面に対する
一番の課題です。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

ボタン上



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする