綱渡り家族

綱渡り家族

私がいつも何よりも願っているのは
家族が平穏で幸せに過ごせること。
毎日笑顔で過ごせればそれでいいと思っています。

しかし、なかなかそういうわけにはいきません。

スポンサーリンク

難しい理由

我が家で平穏を保つのが難しい理由のひとつが
基本、全員が短気だからだと思います。

ただ、気にするポイントはそれぞれ違っていて
それがさらに不穏な空気に追い打ちをかけることも。

誰かにとっては気にならないことでも
他の誰かにはものすごく気になってしまい
それがもとで怒り出したりイライラする
という感じです。

スポンサーリンク

姉弟間の違い

気にするポイントが違うという点では
ハルカとカナタの考え方や好みの違いも
いざこざを発生させるもとになります。

特にテレビやゲームが絡むと最悪です。

険悪な雰囲気になったときに
どちらか一方を落ち着かせても
もう一方がいちいち余計なことを言うので
なかなか話が収まりません。

この辺りが短気な気質が影響しています。

なので、あちらを立てればこちらが・・・
ということをいつも考えながら
対応を考えざるを得ません。

そんな状況を妻が「いつも綱渡り状態」だと
言っていました。

確かに、日々起こる様々な出来事に対して
これまでの対応を振り返れば
確かに綱渡りという言葉はぴったりです。

でも綱渡りはしんどいので
綱渡り家族からは卒業したい。

そのためにはまず私自身が短気な性格を
改善することから始めようと思っています・・・


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク