丸投げ

丸投げ

臨時開催された
カナタと妻との家族会議。

会議と言っても活発な話し合いというよりは
考える時間のほうが長かったような気がします。

一貫した主張

カナタの言い分は一貫しています。

試験ができなかったのは
ゲームのせいじゃない!

じゃあ何が悪かったと聞かれても
答えられませんが。

ゲームとの付き合い方については
取り上げるよりは約束事を決めて
毎日短時間でもできるようにするほうが
円滑になるのではと考えていました。

ただ、短時間というのは
30分程度のイメージなのですが
カナタは最低1時間ないとだめと言います。

結局その件について
その場で結論は何も出ませんでした。

これを書いている現時点でも
結論は出ていません。

結論?

時間も遅くなってしまったので
最後は正直何が結論になったのか
よくわかりません。

何となく決まった感じでは
(とてもふわふわした表現です)

・春休みは英語と数学を集中的に勉強する
・私がやれと言ったことを素直にやる

という妻の意向がカナタに伝えられ
カナタもわかった、という風でした。

それだと、結果的に私に丸投げか??

という思いが口から何度も出かかりましたが
空気を読んで飲み込みました。

とても重たいボールを投げ込まれて
気持ちが晴れない日が今日まで続いています。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする