執着

執着

もやもやした形で終わった臨時家族会議。

結論めいた話は
私が春休みのカナタの勉強の計画を立てる
ということだけでした。

ゲームとの付き合い方はうやむやなままです。

スポンサーリンク

止められない

会議の翌日です。

学校から帰ってきたカナタは
ただいまの挨拶もそこそこに
「任天堂のプリペイドカード買っていい?」
と一言。

友達から何か情報をもらったようでした。

カナタ曰く、前から欲しかったグッズが
その日限定で売り出されていたとのこと。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが
フォートナイトのグッズは手に入れたからと言って
強くなる、というものはひとつもありません。

見た目だけ、の話です。

価格を聞くと合計2500円・・・。

自分の着る服は買ってやると言っても
店に行くのが面倒でいらないというのに
バーチャル空間のキャラクターに
そこまでかけるか・・・

というのは
ゲームをやらない親視点での話です。

スポンサーリンク

迷い

プリペイドカードを買っても
親の承認がなければゲーム上で購入できないので
最終的には了承せざるを得ませんでした。

自腹で3000円のカードを購入すると
ほとんどお小遣いが残らなくなっていましたが
本人が気にするそぶりはありません。

散々手続きをせかされたうえ
手続きが完了してもろくにお礼もありません。

ゲームが絡んでくると
異常な執着心を見せるカナタを見ていると
別人格が顔を出しているように感じます。

それはちょっとした恐怖とも言えます。

ゲームを全否定するつもりはありませんが
ブレーキがかけられないようでは困ります。

今の対応でよいのか、正直迷っています。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

ボタン上



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする