あっという間の一年を振り返る

スポンサーリンク

カナタの学校でも終業式が行われて
中学校生活最初の1年が終わりました。

最後の最後で滑り込みで合格できた
第一志望校での1年を軽く振り返ります。

よかったこと

先によかったことから挙げてみます。

まず、先日も書きましたがクラスに恵まれて
楽しく学校に行けたことが何よりよかったです。

いじめやもめ事がほとんどないクラスで
学年の中でも一番平和なクラスだったようです。

そのおかげで学校生活においては
つまづくことなく、欠席もなく
一年間通い続けることができました。

また、小学生時代は気の合う友達が少なく
休日や放課後に遊ぶこともほぼなかったのが
毎月1回くらいは休日に遊びに行っていました。

土曜日も授業があり、部活もあるなかで
よく遊んだと思います。

中学受験のために犠牲にしていたものを
一気に取り戻したかのようでした。

反省すべきこと

逆に反省すべき点とは学習面です。

合格決定の当日に購入したNintendo Switchは
カナタの中学生活に大きく影響を与えています。

購入当初は狂ったようにスプラトゥーンに熱中し
その後有料化に伴って沈静化したゲーム熱が
フォートナイトによってパワーアップ!

スプラトゥーンをやっていたときでさえ
それなりに勉強もやっていたにも関わらず
フォートナイトに取りつかれてからは
勉強時間は短く、質は低くなっていました。

その結果は、試験の成績にはっきり表れました。

先日の期末試験の詳細が返ってきましたが
平均だと言っていた数学を含め主要5科目は
すべて下位20%に入っていました。

1学期はもっとできていたのに
回を追うごとに下がり続け
ついに下から数えたほうが早いところまで
落ち込んでしまいました。

そうなってしまった原因はいくつかありますが
親の立場としては、ゲームとの付き合い方について
明確なルールを決められなかったことが
一番の問題点だと反省しています。

自覚

試験結果と成績表を見たカナタも
さすがにこれではまずいと思ったようです。

勉強はもっとやらないとだめだと
自分で言っていたので
状況について多少の自覚はあるようです。

しかし、ゲームもやると言っています。

ゲームをやっても成績が上げられるなら
やっても構わないと思っていますが
ここまで結果が全く出ていないだけに
本当に大丈夫なのか心配です。

春休みの間の勉強計画はまだできていません・・・


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。