何を言っても・・・

スポンサーリンク

前回の続きです。
思わぬ形で

夕方部活から帰宅したカナタは
部屋に直行して寝てしまいました。

買い物に出かけていた妻が帰宅したのは
それから一時間ほどしてからでした。

始まった話し合いも

帰宅した妻は夕食を作り始めましたが
その最中にカナタがやってきました。

「晩御飯いらない」

それだけ言って部屋に戻ろうとしたところを
妻が声をかけて止めました。

そこからは妻がカナタに話をするのを
私は横で聞いていました。

妻もここでカナタを怒ったり責めたりしては
ダメだと考えていたようでした。

まず、信じていたのに裏切られたことが
悲しいというところから話が始まりました。

そのあとはできるだけ感情を抑えて
事実を確認していきます。

なぜ、隠れてやっていたのか。

やることもやらずゲームしていた結果
成績がどんどん下がっているのに
なぜやめられないのか。

一番問題なのは
カナタが自分を律することができないこと。
それはわかっているか?

カナタからはわかったような
わかっていないような反応しか
返ってきませんでした。

何を言っても無駄・・・という雰囲気が
妻からも感じられました。

やめられない

カナタも自分なりに考えていたようです。

いくつかインストールしていたゲームを
2つを残して全部消した、というのです。

しかし、よくプレイしていたゲームは
そのままでした。

それを消さないと意味がないのでは?
と言っても聞きません。

カナタがキレてしまわないように。
すべてを取り上げることにならないように。

そのために、ゲームをゼロにしないためには
どうすればいいのか。

そんなことを話していた最中に
「そんなのは無理!」と泣き出して
自分の部屋に戻ってしまいました。

この時点で何の結論も出ていませんでした。

長くなったので次回に続きます。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。