頭の痛い話

スポンサーリンク

先日、ハルカが通う塾の面談に行きました。
話の主題は「夏期講習」です。

一通り話を聞いた後には
私立の中学に進学させたのは
こうならないためだったんだけどな・・・
と思わずため息が出てしまいました。

ハルカの本気

理系への進路を希望しているハルカは
秋に行われる進路別の編成決めまでに
それなりの成績を取る必要があります。

今は頑張れば何とかなりそうという
ギリギリのレベルです。

そして、次回の試験の成績は
進路決定に大きく影響を与えるます。

本人の何とかしたいという想いは
これまでになく強いことは
普段の様子からも感じられます、

そのために、試験に向けて
現在でも追加の補習を受けていて
スケジュールがぎっしり詰まっています。

それが朝の送迎の頻度が増えた
大きな原因でもあります。

現実

それに加えて面談では
苦手な分野は中学生の基本まで戻って
この夏にやり直すべきと言われました。

その見解には同意できるのですが
そのために提案されたコマ数を見ると
経済的には厳しすぎるものでした。

本人が本気でやろうとしていることは
もちろん全力でサポートしたい。

ただ、だからこそ、私立に進学させたのに
結局塾に頼らないとだめなのか・・・と
いう現実が重くのしかかっています。

本当に頭が痛い話なのですが
今こそ親としての在り方を
突きつけられているような気がします。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

大学受験
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ