予言は正しかった

スポンサーリンク

カナタが中学に入学してからというもの
徐々に問題が増えてきているのを感じます。

ただ、問題の中身は
中学生になってからの新しい問題よりも
中学生になって顕在化した課題のほうが
多いのではないかと思っています。

実は、それを予言していた人がいました。

当時は受け入れるのが難しかったのですが
今になって正しかったと思わざるを得ません。

療育で言われたこと

カナタが小学校のときに通っていた療育では
親だけでカウンセラーの先生と面談できました。

そのため、主に妻が度々面談に行っていました。

しかし、妻はその先生のことが
あまり好きではありませんでした。

はっきりものを言うタイプの先生で
遠慮なく思ったことを指摘されるので
妻にはそれが嫌だったようです。

そのときに、年齢が上がると
どんどん問題が出てくると思うから
覚悟しておいたほうがいいですよ
という感じのことを言われました。

具体的な例もいくつか言われていましたが
当時それをその通りに聞き入れられなかったのは
カナタにはこうあってほしいという気持ちがあって
ちゃんと話を聞こうとしていなかったんだと思います。

現在

今、その当時のことを振り返って
そして今のカナタを見るたびに
その先生の言ったことは正しかったと思います。

先日妻が
「療育で言われていたことが全部そうなってる」
とつぶやいていました。

私は正直なところ妻に頼ってしまっていて
妻が違う方向に行っていると思ったときも
うまく指摘できていません。

また、妻ほどそのことに向き合っていないとも
感じています。

カナタはこの夏休み、めでたく補習対象になりました。
先日のテストも結局全然できませんでした。

にもかかわらずそのテストの直後に
ゲームの時間を増やせと言ってくるような状態です。

あのときの予言を素直に聞けたとして
多分何も解決はしていないと思いますが
いろいろ考え方が甘いのだと
ついつい自分を責めてしまう毎日です。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。