20年に一度のアクシデント

スポンサーリンク

昨日は朝から落ち込んでしまいました。
まさかのアクシデントをどう受け止めたらよいか
しばし呆然としてしまいました。

意味がわからない

昨日は午前中から買い物に出かけるため
いつも通る道をいつも通りに車で通過した、
はずでした。

ゴン!

突然、鈍い音と軽い衝撃に襲われました。

「車こすったんじゃない?」

妻の声に思わず車を停めました。

車を降りて衝撃があった左後の側面を見ると
がっつり、擦り傷がついていました。

何故こんなことになったのか
本当に意味がわかりませんでした。

初めての出来事

家を出てわずか100mもない場所で
まさかのガードレールへの接触。

今の家に住む初めてもう10年が過ぎて
これまでに何百回と通過していた場所です。

それほど気をつけたこともなく
なんでもない場所でした。

それにも関わらずぶつけてしまいました。

免許を取ってから20年以上が立ちますが
車をこんな形でぶつけたのも初めてでした。

軽く補修できるレベルにもないほどの傷。

私の心にも深い傷を受けました。

もう免許返上しないとだめなのかもしれません。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

コラム
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ