重大な欠如

重大な欠如

昨夜無事に妻の実家から帰ってきました。

出発前からいろいろありましたが
妻の実家でもトラブルはありました。

あらためてあれこれ考えていると
やっぱり何かおかしいと感じます。

ハルカには人としてとても大切なものが
欠けているとしか思えないのです。

スポンサーリンク

幼児のころから

今が反抗期であることを割り引いても
ハルカの思考回路や行動には
疑問がつくことばかりです。

それは幼い頃から変わっていませんが
どうやら「人に感謝する気持ちの欠如」が
根本的な問題のように思えています。

中学受験のときには塾の先生にまで
「感謝の気持ちが薄い、ない」
と言われていたほどです。

ただ、それは、話をしていくことで
成長にしたがって改善されるものと
当時は思っていました。

しかし、これまでのハルカの様子から
これが治ることはないと今は思っています。

スポンサーリンク

特性のせいにするのは・・・

特に気になるのが、経済的なことに関して
お金をもらうのは当たり前という意識が
非常に強いところです。

支援してもらっていることに感謝する気持ちが
本当に感じられないのです。

この夏も塾の夏期講習のために
かなりの金額を負担しています。

ところが、学校帰りにその塾へ寄るときは
毎回コンビニで200円する飲み物を買って
後からそのお金を普通に請求してきました。

水分補給は必要なので買うこと自体は
必要ならよいと言っていました。

でも、お茶類なら大容量で安いのに
なぜそんなものを買ったのか聞くと
お茶はいつも飲んでいるから嫌という
そんな理由を平気で言ってきました。

それは特性のせいなのか・・・?と
今だから思ってしまうのは
本当はダメなのだと思います。

とはいえ、これまでを振り返って
根本的にそういう感覚が欠けているからと
思わなければ、もう理解できません。

ここ数日で起こった出来事のおかげで
ハルカの将来はもちろん
それに振り回されそうな自分たちの将来も
大変不安に思えています。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

ボタン上



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする